思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

【生活が全クリできない】の項目を基準に自分の生活を診断してみた

f:id:b204638:20180621232424j:plain

 

こんにちは。

 

あなたは毎日、どのような生活を送っていますか。

 

もしかしたら日々、仕事や家事に追われ、せわしない毎日を過ごしているうちにあっという間に一週間・一か月が過ぎてしまうという方もいるかもしれません。

 

中でも家事は単調なうえ、しっかりこなしていてもあまり認められたり報酬を得られるようなこともないため、できればサッと済ましてしまいたいものではないでしょうか。

 

そんな家事に関して、先日、はてな匿名ダイアリーで面白いエントリーを見かけました。

生活が全クリできない

 

家事などをゲームのクエストに見立てて「クリアできない」という内容です。記事にはたくさんのコメントもついていて、中には参考になるアイデアもある一方、「難易度が高い」「ハードモード」という意見もけっこうあるようです。

 

そこで、今回は、この『生活が全クリできない』という記事の項目を基準に、改めて自分の生活を振り返り診断してみます。

 

 

プレイヤーと仲間のスペック

はじめにプレイヤーである「わたし」と仲間たち、および装備品を整理してみましょう。

「わたし」:男、40代半ば、家事レベル20年以上

「子ども」」男、10歳

わが家のパーティは男性2名の編成。以前は女性のパーティメンバーもいたのですが、故あって袂を分かつことになり現在に至る。

このメンバーで家事と対峙する主力はやはり「わたし」になります。

 

次に、家事と対峙するための装備品です。

「ドラム式洗濯機」:11年。4年前に乾燥機能を失うも、洗濯性能は健在。

「炊飯器」:6年。内釜のコーディングがはがれこびりつきがひどいがまだまだ現役。

「オーブンレンジ」:11年。調理家電の主力。

「掃除機」:推定15年以上。結婚する前から袂を分かった女性パーティメンバーが使用していたもの。

「ビルトイン食洗機」:故人。今から4年程前に使えなくなった。 

食洗器は酷使がたたって使えなくなってからかなりの年月が過ぎていますが、パーティメンバーが減少したことで食器洗いの負荷は軽減したため、なんとか上手くやれている状況です。

 

 

『生活が全クリできない』わたしの家事対戦状況

こちらの戦力が把握できたところで、さっそくクエストに挑戦してみます。

 

まずは、改めて『生活が全クリできない』であげられていたクエストを確認してみましょう。

□午前のうちに起床する

□朝食をとる

□洗濯機を回す

□回し終わって5分以内に洗濯物を取り出す(高難易度クエスト)

□洗濯物を干す

□陽の光を浴びる

□昼食をとる

□洗濯物を取り込む

□洗濯物を畳む(高難易度クエスト)

□洗濯物を片付ける(高難易度クエスト)

□夕食をとる

□シャワーを浴びる

□髪を乾かす(高難易度クエスト)

□その日のうちに寝る


トゥルーエンド条件

□掃除機をかける

□最低一食は自炊をする

□寝るまでに翌日の準備をする

「高難易度クエスト」に設定されているものもいくつか目につきます。では、各項目ごとに日々のクエスト達成状況を確認してみることにします。

 

□午前のうちに起床する

これは問題なくクリアです。

わたしも以前は朝起きるのが苦手なこともありましたが、それは夜が遅かったせいもあった気がします。最近では加齢による「早く目が覚める」というスキルも取得したことで、休日でも午後まで寝てしまうということは無くなりました。

 

しかし、人によっては「低血圧」というマイナススキルや「夜型」というスキルの影響で早起きが不得手な方もいるかもしれません。

 

 

□朝食をとる

こちらもほぼクリア。たまに休日などで朝食がブランチになることもありますが、平日はまず確実に朝食を食べています。

 

記事のブックマークコメントの中に

RTA走者「朝食、昼食、夕食イベントをスキップすると高確率でキャラクターが操作できなくなるバグが発生するためおススメしません」

というものがありましたが、わたしの場合も朝食をスキップすると午前中のパフォーマンスがかなり低下してしまい、以後の予定の遅延にもつながってしまうため、朝は比較的ガッツリ食べるようにしているのですが、子どもは朝からそれ程ガッツリ食べられないようなので少し加減が必要だったりします。

 

RTA

リアルタイムアタック(Real Time Attack)の略で、ゲームのプレイスタイルの一種。

 

 

□洗濯機を回す

洗濯機を回す回数はパーティメンバーの数や、装備するもの、季節などにより異なると思います。わが家の場合は回さない日もありますが、週に7~10回は洗濯しています。その内訳は

  • 子ども服、下着、靴下など
  • タオル、バスタオル
  • Yシャツなど白物(週1回)
  • シーツ

というような感じで分けて行っています。

 

こう書くと回数が多くてめんどくさそうに感じるかもしれませんが、洗濯は「予約」することができるので、他の家事の隙間にこなすことができるという利点があります。

 

わたしの場合は「夜セットして朝干す」「朝セットして帰宅後に干す」というパターンで洗濯することが多いです。たまに「朝、洗濯して出かける前に干す」というクエストをクリアできた時などは、なんだかとてもトクした気分になります。

 

 

□回し終わって5分以内に洗濯物を取り出す(高難易度クエスト)

これはクエスト失敗が多いです。というのも「朝セットして帰宅後に干す」というパターンの場合、帰宅時間が遅れるとたいがい帰宅時には洗濯が終わっているためです。

 

ならもう少し余裕を持ってセットすれば良いのかもしれませんが、帰宅後、ゆっくりする前に洗濯物を干さないとめんどくさくなって、結局すぐに取り出せずに放置してしまう可能性もあるので、ここは少し妥協することにしています。

 

とはいえ、冬場や梅雨時などの洗濯物が乾きにくく雑菌が繁殖しやすいときは、なるべく早く出したり、干した後に除菌用アルコールスプレーをして、生乾きのいやな臭いが発生しないように気をつけるのは欠かせません。

 

 

□洗濯物を干す

以前、まだ洗濯機の乾燥機能が健在な頃には、タオルなどは洗濯から乾燥まで一連の流れで行うことができたので、干すという工程を経なくても良い場合もありました。しかし、乾燥機能を失った今では、洗濯物は必ず干すという工程が発生します。

 

もし、その工程をおろそかにしてしまうと、「洗濯機を回す」「洗濯物を取り出す」という2つの工程がやり直しになるリスクもあるため、ここはできるだけ速やかにおこなうように心掛けています。

 

最近ではパーティメンバーの子どもも、手伝ってくれるようになったため、若干、負担軽減効果が得られるようになってきました。

 

余裕ができたらまた「ドラム式洗濯乾燥機」に課金したいと考えています。(もっとも、その前に今の洗濯機が壊れてしまうかもしれません。)

 

 

□陽の光を浴びる

わたしの場合は、会社まで約20分程の自転車通勤のため、その際にこのクエストは自動的にクリアされているようです。

 

 

□昼食をとる

若い頃は、仕事が立て込んでいる時に昼食を抜いてしまうこともありましたが、今ではほぼ昼食はとるようにしています。

 

4年程前から、弁当をつくるようになってから、昼休憩に外に出かけなくても昼食をすませられるようになったことも、プラス要因として働いています。

 

弁当をつくることは、経済的なメリットも大きいですが、それだけでなく、昼食をサッとすませて少し仮眠する時間を取ることで、午後のパフォーマンスが見違えるほど上がるのも、わたしにとっては大きな利点です。

 

 

□洗濯物を取り込む

天気の良い日にベランダに洗濯物を干せるのは至福!しっかり乾いた洗濯物を取り込むのは喜びです。

 

不意に雨が降ってしまったときなども、パーティメンバーの子どもが取り込んでくれていたりもしますし、わたしは洗濯物の取り込みを苦に思ったことは無さそうです。

 

 

□洗濯物を畳む(高難易度クエスト)

これはブックマークのコメントにも

洗濯物は、取り込んでハンガーにかけたまま。大量のハンガーを用意。下着類は籠に掘り込むだけ。たたまない。

とありましたが、わたしも同じようにしています。子どももハンガーラックから自分の服を選んで着ていくので、畳む手間はほぼ掛かりません。

 

 

□洗濯物を片付ける(高難易度クエスト)

わが家では洗濯物は取り込んでそのままハンガーラックにかけるだけなので片付けるという工程は無さそうです。

 

また、花粉が大量に舞う春先や雨の日などは、ハンガーラックを窓際に並べて室内で干すので、「洗濯物を取り込む」という工程がなくなることもあります。

 

 

□夕食をとる

夕食は会社帰りにスーパーによって献立を決めることが多いのですが、仮にわたしが食欲が無くても、パーティメンバーの子どもは夕方くらいからかなり空腹状態に陥るため、夕食をぬくことはありません。

 

そして、そんな子どもが「おいしいと」いって食べてくれることが、次への活力になっています。

 

なので、もし一人で暮らしていたら、めんどくさくて夕食を食べない日もあったかもしれません。

 

思えば、わたしが20代前半にかなりスマート(50キロくらい)だったのはそのせいかもしれません。

 

 

□シャワーを浴びる

シャワーを浴びることはクエストというよりはむしろ禁止された方がつらいような気がします。1日の疲れを洗い流して気分をリフレッシュするためにも欠かせません。

 

しかもこのシャワーを浴びるは、シャワーヘッドをかえるとさらに快適さを増すことができます。

 

シャワーヘッドは1万円を越えるようなものもありますが、この商品などは、5つの水流に切り替えが可能で好みに合わせた使用ができるうえに、ミスト+レインモードでの節水効果が50%以上と節水効果も高い製品なのにかなりお値打ちです。

 

 

 

□髪を乾かす(高難易度クエスト)

これは短髪なわたしには簡単なクエストです。かといって疎かにするとたいへんなことになる可能性も。

 

ブックマークコメントにもこんなコメントがありました。

「髪を乾かす(高難易度クエスト)」進化により発生しないw

わたしもまだ進化はしたくないものです。

 

 

□その日のうちに寝る

昔は、平日でも夜更かしして本を読んだり徹夜でゲームしてしまうようなこともありましたが、これも加齢による「夜眠くなる」というスキルを取得してからは、かなり改善されているような気がします。加齢ってすばらしいですね。

 

ただ、最近では「ブログを書く」というスキルが発動してたまに夜更かししてしまうこともあります。

 

あまり無理をすると「髪を乾かす(高難易度クエスト)」が発生しなくなってしまうリスクも高まりそうなので、ほどほどにするようにします。

 

 

トゥルーエンド条件

ここからはトゥルーエンド達成のためのクエストのようです。

 

□掃除機をかける

掃除機をかけるのは月に1回くらいでしょうか。でも、部屋のすみに埃が目立つようなときは、クイックルワイパーでサッとひと拭きするのでセーフということで。

 

 

□最低一食は自炊をする

こちらは3食自炊のため余裕で条件達成です。自炊が増えると、少しづつですが貯金も増えるのでいいことばかりです。

 

 

□寝るまでに翌日の準備をする

生活をルーティンで送る中での準備はたいてい余裕を持って出来ています。

最近では、パーティメンバーの子どもも自分のことは自分で準備できるようになってきた(たまに失敗もありますが)ので、わたしの負担もだいぶ軽減されてきました。

 

 

まとめ

というわけで、今回は『生活が全クリできない』という記事の項目を基準に、自分の生活を振り返り診断してみました。

 

どうやらわたしは思った以上にやれているようです。

 

とはいえ、わたしも一人暮らしをはじめたばかりの「かけだし生活者」の頃は、ここまでクエストをクリアすることはできていませんでした。

 

もともと、一人暮らしをはじめる前は、料理も洗濯もまったくしたことがなかったわたしでも、それなりに何とかなったのは、昔に比べ洗濯機や炊飯器、電子レンジなどの家電が便利だったり、スーパーやコンビニのサービスや品ぞろえが充実していたためだと思います。

 

また、そもそもクエストも必ずしも全クリする必要はありません。

 

全部クリアしなくても別に生きていくことは可能ですし、必要に応じてそれなりにスキルレベルもアップしていくものです。

 

さらに、現代では課金すればするほど、スキルレベルを上げなくても豊かに暮らす術もあったりします。

 

 

むしろ、生活を送る上で気をつけなければいけないのは、生活スキルの低さではなくパーティメンバーではないでしょうか。

 

ブックマークのコメントに

一人で全クリできないのが生活だから、パーティ組むべき。

というものがありましたが、安易にパーティメンバーを増やすことはクエストの難易度をさらに高める可能性もあります。

 

あとで後悔しないためにもパーティを組む際には、メンバーのスキルについても慎重にチェックしたほうが良いでしょう。

 

わたしの個人的な経験では、次のスキルを所持しているメンバーとパーティを組む場合は、受け入れるあなたにそれに対処できるだけの能力(課金能力)が必要になる可能性もあるような気がします。

  • 浪費
  • メシマズ

 

ソロプレイを続けるのもいいかもしれませんが、その場合は加齢によるスキルレベルの低下やマイナススキルの付与などが発生した場合に備えて、十分な課金ができるようにしておかないと、辛い老後を過ごさなければならないかもしれません。

 

もっとも、パーティプレイでもパーティメンバーと不仲が続けば、より悲惨な未来が待っている可能性もあるのですが・・・。

 

そうならないためにも、つねに周りの人々に感謝の気持ちを持って暮らしていきたいものです。

 

『生活が全クリできない』の項目を基準に、自分の生活を診断してみた結果の考察は以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。