思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

【AdSense】1PVあたりの収益について考える

f:id:b204638:20180218003814j:plain

 

 まだブログをはじめてAdSenseの審査に通ったばかりの頃。ぜんぜん収益の伸びないAdSenseのレポート画面を見ながら思いました。

収益を得るためにはどれくらいのアクセスが必要なんだろう?

 

その頃の私の収益は、まるで2進数のように毎日0と1を繰り返し、1回でもクリックがあるとページRPMが714円や2,993円と表示されることもありました。それを眺めながら思いました。

このインプレッション収益やページRPMって何だろう?

 

あれから1年。以前より少しはアクセス数も増えそれにともない収益も伸びてきましたが、実際、自分のブログが「アクセス数に対してどれくらいの収益が得られているか」は把握していませんでした。

今回はAdSense開始後1年間における私のブログのPV数や収益を参考に「1PVあたりの収益」について考えてみようと思います。

 

1年間のPV数の推移と1PVあたりの収益

今回は私の運営している「はてなブログ」「WordPress」それぞれのサイトにおけるAdSense開始後1年間の「PV数の推移」と「1PVあたりの収益」を確認してみます。

※「1PVあたりの収益」は毎月の収益をPV数で割って算出しています。しかしこれは無駄な作業だったかもしれません。(その理由は後ほど)

AdSenseの収益はブログのテーマや記事内容、PV数、広告の種類やクリックされた回数により大きく異なるため、あくまで私のサイトでの結果としてご参考いただければと思います。

 

はてなブログの場合

f:id:b204638:20180218222904p:plain

こちらはあなたが今ご覧になっている「はてなブログ」の1年間の結果です。

ブログテーマは「自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。」と標榜していますが、もうすっかり何でもありの雑記ブログになっています。

「はてなブログ」では1年間の1PVあたりの収益は「0.31」でした。開始直後は0.1くらいしかありませんでしたが記事数が増えPV数が多くなるにつれ1PVあたりの収益も伸びていきました。年末に数字が伸びているのは時期的な要因が関係しているのだと思います。

ちなみに2017年6月以降にPV数が下がっているのは、記事の投稿数が落ちたことが原因です。その詳細は以前こちらの記事に書いています。

 

データで振り返るブログ開設1周年〈ブログを開設して1年が経ちました〉 - 思考は現実化する

 

WordPressの場合

f:id:b204638:20180218224815p:plain

「WordPress」は1つのサイトではなくテーマのちがう4つのサイトの合計での結果です。主となるサイトではWordPressやPC関連情報を紹介していまが、最近ではどのサイトも更新が滞っている状態です。

「WordPress」では1年間の1PVあたりの収益は「0.22」でした。こちらも「はてなブログ」同様に年末に数字が伸びていました。

ちなみにこちらのサイトの更新頻度は「はてなブログ」以下でしたが、「はてなブログ」より先に始めていたためAdSense開始の段階の記事数は「はてなブログ」よりも多かったです。

 

AdSense収益の指標「インプレッション収益」と「ページRPM」

冒頭でも少し書きましたが、AdSenseのレポート画面を見ていると「インプレッション収益」「ページRPM」という項目があります。どちらもAdSenseでの収益率を測る指標ですが、意味は明確に異なります。

インプレッション収益

インプレッション収益(RPM)は広告表示1,000回あたりの見積もり収益額のことです。英語では「Revenue Per Mille(レヴェニュー・パー・ミル)」と表記します。その値は以下の計算式で求めることができます。

インプレッション収益 =(見積もり収益額 / 広告表示回数)×1000

※広告表示回数:AdSense広告が表示された回数。例えば1ページに3つの広告が貼ってある場合には広告表示回数は3回となります。

ページRPM

ページRPMはページ表示回数1,000回あたりの見積もり収益額のことです。RPMは「Revenue Per Mille(レヴェニュー・パー・ミル)」の略称で、ページRPMとはページ当たりのインプレッション収益のことです。その値は以下の計算式で求めることができます。

ページRPM=(見積もり収益額 / PV数)×1000

※PV数(ページビュー数):ユーザーがページを閲覧した回数。

つまり、ページRPMが300円なら1,000PVあたり300円の収益が見込めるということになります。この場合、1PVあたりの収益は0.3円。このように1PVあたりの収益はページRPMから簡単に算出することができるのです。

 

PV数から予測するブログの収益

1PVあたりの収益が分かれば、PV数からブログの収益を予測することができます。そこでPV数別の収益の目安を算出してみました。

月間3,000PV未満

1日のPV数が100PV未満のブログ。このレベルでは1PVあたりの収益はまだ「0.1」未満かもしれません。

予想収益:数百円~

月間3,000PV以上

1日のPV数が100PVを超えるようになってきたブログ。1PVあたりの収益は「0.1~0.2」くらいでしょうか。

予想収益:数百円~数千円

月間10,000PV以上

1日のPV数が300~500PVくらいなってきたブログ。このレベルなら1PVあたりの収益は「0.2~0.3」くらいになっていそうです。

予想収益:数千円~数万円

月間30,000PV以上

1日のPV数が1,000PV以上あるブログ。このレベルなら1PVあたりの収益も「0.3」はあると思います。

予想収益:数万円~

月間100,000PV以上

1日のPV数が1,000PV以上あるブログ。このレベルなら1PVあたりの収益も「0.3以上」になっているかもしれません。

予想収益:数万円~数十万円

 

ブログの収益は記事内容や掲載されている広告の種類、クリックされた回数によって変わるため一概にこの通りにはならないかもしれません。それでも、良くいろんなブログで公表されているPV数を見て「このブログの収益はこれくらいかな?」なんて予測するくらいの目安にはなると思います。

 

まとめ

いろいろ調べてみると、AdSenseの1PVあたりの収益については「0.2〜0.3」くらいという人もいれば「0.1〜0.5」くらいという人もいて、人によりまちまちな印象です。そんな中、私のサイトにおける1PVあたりの収益は、PVが少ない頃は1PV「0.1」、PV数が増えるに従って1PV「0.2〜0.3」という結果でした。

ブログの収益化の方法はAdSense以外にも様々な方法があります。AdSenseだけでは1PVあたりの収益を伸ばすにも限界があると思いますが、アフィリエイトなどと組み合わせることで1PVあたりの収益を1以上にすることも可能かもしれません。

いずれにしてもまずはPV数を増やすことが1番ですね。

 

では、今日はこのあたりで。