思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

Google Homeへの呼びかけが「オッケー!ぐるぐる」でもOKな理由

f:id:b204638:20180408010523j:plain

 

 スマートスピーカーなどのAIアシスタントに呼びかける言葉(ホットワード)。

Amazonの「アレクサ」やLINEの「クローバ」、Microsoftの「コルタナ」のように「名前」で呼びかけるものから、Appleの「ヘイ!シリ」やGoogleの「オッケー!グーグル」「ねえ、グーグル」のように少しフランクな呼びかけまで、各社じつにさまざまです。

この呼びかけの言葉、GoogleのAIアシスタントは「オッケー!ぐるぐる」と呼び掛けても返事をしてくれるってご存知ですか?

 

今日は、Google Homeに呼びかける言葉が「オッケー!ぐるぐる」でもOKな理由をご紹介します。

 

もしかして「グーグル」と「ぐるぐる」を聞き間違えている?

Google Homeさんは、もしかしたら「グーグル」と「ぐるぐる」を聞き間違えているのかも!?そう考えた私はGoogle Homeさんに「グーグル」と「ぐるぐる」について尋ねてみました。

 

「オッケー!グーグル。グーグルってなに?」

Googleは世界中の情報を整理することを使命としている会社です。私も同じ使命を持っています。

Google Homeさん、自らの使命について語ってくれました。

では続いての質問です。

 

「オッケー!グーグル。ぐるぐるってなに?」

ぐるぐる くるくる いち

急に電波系なメッセージをつぶやくGoogle Homeさん。「ぐるぐる くるくる いち」って何ですか?

 

「オッケー!グーグル。ぐるぐる くるくる いちってなに?」

すみません、よくわかりません

いや、あなたがいった言葉ですから!

 

とりあえず「グーグル」と「ぐるぐる」はちゃんと判別しているようです。

 

「オッケー!ぐるぐる。ぐるぐるってなに?」

続いて今度は「オッケー!ぐるぐる」と呼び掛けて「グーグル」と「ぐるぐる」について尋ねてみます。

 

「オッケー!ぐるぐる。グーグルってなに?」

Googleは世界中の情報を整理することを使命としている会社です。私も同じ使命を持っています。

 

「オッケー!ぐるぐる。ぐるぐるってなに?」

f:id:b204638:20180408010750j:plain
f:id:b204638:20180408010756j:plain
ピコーン!・・・しーん

 

いったん反応してくれるも、無視されてしまいました。_| ̄|○

どうやら彼女の自尊心を傷つけてしまったようです。

※単に私の活舌が悪い可能性もあります。

 

何度か試してみたのですが「オッケー!ぐるぐる」では「ぐるぐる」について答えてくれませんでした。

 

Google Homeへの呼びかけが「オッケー!ぐるぐる」でもOKな理由

さて、ここからが本日の本題。Google Homeへの呼びかけが「オッケー!ぐるぐる」でもOKな理由です。今回、私はこの件に関する動画をYouTubeで発見することができました。

百聞は一見に如かずです。こちらの映像をご覧ください。

 

www.youtube.com

※この可愛いお子さんはうちの子でがありません。

 

どうやら小さな子どもには、口が回らなくて「グーグル」というのが難しいようです。なるほど!Google Homeさん・Googleアシスタントさんの「オッケー!ぐるぐる」は、やさしさでできているのですね。

Google Homeさん、いろいろ疑って本当にすみませんでした。

 

そんな「Google Home」さん、じつは「オッケー!くるくる」と呼び掛けても返事をしてくれたりもするんですよ。