思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

エイプリールフールに乗り遅れたので、ウソに関連したドラえもんのひみつ道具 3選を紹介してみる

f:id:b204638:20180403213303j:plain

 

こんにちは。

 

巷では今年もエイプリールフールの話題で盛り上がっていた中、いかがお過ごしでしたでしょう。

私は、ウソのような高熱(38.2℃)に見舞われ1日中、ふとんの中で春眠を貪ってしまいました。「馬鹿は風邪を引かない」といわれますが「四月バカは風邪を引く」ことを身をもって実感してしまった次第です。

 

熱でうなされていたせいもありますが、今年はいろんな人に騙されてしまいました。

イーロン・マスク氏がTwitterで「テスラが経営破綻した」なんていうものですから、焦ってテスラの株を売る羽目になってしまい、おかげで翌日、株価が下落してしまいました。でも、これはAmazonがワシントンの有力ロビー団体との契約を打ち切った腹いせに、またトランプ大統領がAmazonを非難したせいかもしれないのですね。

 

他にも、100万PVを超える方法ですとか、今までアラサーだといっていたブロガーさんが実は女子高生だったとか、日ハムが広島に移転するとか、普段なら騙されないようなウソまで信じてしまいました。_| ̄|○

エイプリルフールにからかわれるのび太くんの気持ちがほんの少し分かったような気がします。

f:id:b204638:20180403220835j:plain

てんとう虫コミックス『ドラえもん』7巻収録の「帰ってきたドラえもん」より。

 

今日は、そんなエイプリルフールに乗り遅れてしまった悔しい気持ちを込めて、ウソに関連したドラえもんのひみつ道具のうち私の印象深い3つをご紹介します。(ドラえもんのエピソードのネタバレがありますのでご注意ください。)

 

ハリ千本バッジ

こちらはてんとう虫コミックス『ドラえもん』第10巻収録のエピソードに登場するひみつ道具です。見た目はハリセンボンを模したバッジですがその効果は

このバッジを付けている人に嘘をついた場合、嘘をついた人物にその嘘を強制的に実現させてしまう。(バッジを外すと強制力は消える。)

というものです。

このひみつ道具は、エイプリールフールに毎年騙されているためにすっかり人間不信になっているのび太くんにドラえもんが出したものです。このバッジのおかげでのび太くんはジャイアンとスネ夫がウソで「あげる」といった「ケーキ」と「切手」を貰うことができました。

そんなのび太くんの前にしずかが現れ「のび太の家が火事だ」というウソをついてしまいます。その嘘を強制的に実現するために、しずかはマッチを持ってのび太の家に向かってしまい・・・というエピソードです。

ちなみに、しずかがなぜそんなウソをついたのか、その理由をがっかりさせるウソをついて騙そうとするジャイアンとスネ夫に語っています。

いくら四月バカでも、よろこばせといてがっかりさせるのはかわいそうよ。それより、びっくりさせといてあとでほっとさせるほうが、しんせつだわ。あたし、親切なうそをついてあげよう。

うんうん。確かにがっかりさせるのは良くないですね。

そういえば今年のエイプリールフールには、フランス北部の町ボーベの女性市長が「IKEAの誘致に成功!これで雇用も生まれる」というウソをついてしまったせいで、がっかりどころか炎上し謝罪に追い込まれるということもあったようです。きっとしずかちゃんも、のび太くんの家を炎上させたかったのかもしれませんね、って

けっきょく、おまえもだますのかい(笑)

f:id:b204638:20180403220835j:plain

 

ソノウソホント

こちらはてんとう虫コミックス『ドラえもん』第4巻収録のエピソードに登場する秘密道具です。ドラえもんにあまり詳しくない方にはあまりなじみのない名前かもしれませんが、「もしもひみつ道具を一つだけもらえるならどれが欲しい?」という話になった際に、コアなファンにその万能性から選ばれることも多いひみつ道具です。

見た目は鳥のくちばしの形をして、口につけて使うこの道具の効果は

口につけて嘘をつくとその嘘が(言ったことが)すべて本当になる。(「今のは嘘」と発言すると、変化が取り消される。)

という恐るべきものです。

悪知恵が働くのび太くんが使ったら世界が滅んでもおかしくないほどの凶悪なひみつ動議ですが、この時は、び太くんのお父さんに

  • 石をげんこつで割らせる
  • ジャイアンのお父さんとの相撲勝負に勝たせる
  • パパはスーパーダンだとウソをついて空を飛ばせる
  • パパに自転車と望遠鏡を買ってきてもらう

といった平和的?な使い方しかしていませんでした。

 

ウソ800(ウソエイトオーオー)

こちらはてんとう虫コミックス『ドラえもん』第7巻収録のエピソード「帰ってきたドラえもん」に登場する秘密道具です。

元々、ドラえもんはてんとう虫コミックス第6巻最後のエピソード「さようなら、ドラえもん」で最終回になる予定だったといわれています。それが継続することになるに辺り描かれたエピソードが「帰ってきたドラえもん」です。この「さようなら、ドラえもん」「帰ってきたドラえもん」は後に1つのエピソードにまとめられ中編映画「帰ってきたドラえもん」としても公開されています。

このドラえもん屈指の傑作エピソードの1つに登場するこのひみつ道具、見た目は丸底フラスコに入った液体ですがその効果は

飲むと言った事があべこべになる

というもの。つまり「喋ったことが全部嘘になる」のです。ホントとウソのちがいこそあれ能力的には先程のソノウソホントと同じ効果を発揮する恐ろしいひみつ道具なのですが、物語の中では劇的な効果を発揮します。

 

「さようなら、ドラえもん」で、ドラえもんが未来の世界へ帰ってしばらく経ったエイプリルフールに、ジャイアンとスネ夫に「ドラえもんが帰ってきた」とウソをつかれてしまいます。

ドラえもんのために、ドラ焼きを買いに行く途中に、ウソを知らされたのび太くんは「四月バカ!?」と顔を真っ赤にして悔しがります。

f:id:b204638:20180403220835j:plain

家に帰り涙にくれるのび太くんは、ドラえもんが帰る直前に言った事を思い出します。

「もしも我慢が出来なかった時これを開け。その時に君の必要な物が入っている」

ドラえもんは、のび太くんのために1つの箱を残していたのです。中には「ウソ800」の薬とその効果が書かれたメモが入っていました。

 

それを飲み、見事、ジャイアンとスネ夫に仕返しを果たすのび太くん。しかし、ドラえもんに対する寂しさは消えることなく、寂しさ紛れにつぶやきます。

「ドラえもんは帰ってこないんだから。もう、二度と会えないんだから。」

しかし、その時は、まだウソ800の効果が続いていたために・・・

 

しずかちゃんに教えてあげたいものです。

よろこばせといてがっかりさせるのも、びっくりさせといてあとでほっとさせるのも、親切なうそではないのです。

親切なうそは、奇跡が起きて心に光が宿るのです!(たぶん)

 

まとめ

昨今では、SNSなどで話題を集めることもありエイプリールフールがとても活況で、企業などでもこの日のために競ってネタを準備しているような状況がみられます。

かといって、受け手のことを考えない不用意なウソをつくと炎上してしまったり、大きな騒動に発展して信頼を失ってしまう危険もあります。

どうせなら誰もが笑顔になれるような幸せなウソであふれるエイプリールフールになれば良いと、熱が引いた今、そう思います。

そして、来年こそは、そんな幸せなウソに参加したいものです。