思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

【ゴミ箱】ハイロ(Hailo) ビッグボックスのフタが壊れた時の対処法

f:id:b204638:20180605212122j:plain

 

こんにちは。

 

あなたは、もしハイロ(Hailo)ビッグボックスのフタが壊れてしまったらどうしますか。

 

たぶん、このタイトルを見て、このページを開いた方でハイロ(Hailo)ビッグボックスをご存じない方は少ないと思いますが、ハイロ ビッグボックスとはドイツのハイロ(Hailo)社が製造するゴミ箱のことです。

f:id:b204638:20180526213509j:plain

ハイロ(Hailo) ニュービッグボックス 40L ホワイト


ハイロについては、前回、コチラでもご紹介していますので詳細は割愛いたしますが、見ての通りとてもスタイリッシュなゴミ箱なんです。

【関連記事】失われたゴミ箱のフタを求めて【ハイロ(Hailo)】

 

このハイロ、シンプルな構造にスチール製のボディとドイツらしい堅牢なつくりをしているのですが、唯一の欠点がフタが壊れてしまうことがあること。

 

とくに旧型のハイロ ビックボックスでは、フタが重く落として壊してしまったり、フタの重りがはずれやすくゴミと一緒に紛失してしまう、というようなこともあったのです。

 

このハイロのフタは、いちいち開け閉めしなくてもゴミを落とすだけで入れることができるのが特徴。そのため、もし、そのフタが壊れてしまってはハイロは普通のゴミ箱と変わらなくなってしまい、そのショックは計り知れません。(ハイロユーザーなら共感いただけると思います。)

 

かくいう私も、フタの壊れたハイロをかれこれ3年くらい使い続けた苦い思い出があります。

 

そこで、今回は『ハイロ(Hailo) ビッグボックスのフタが壊れた時の対処法』をご紹介いたします。

 

 

ハイロ(Hailo) ビッグボックスのフタが壊れた時の対処法

では、早速、ハイロ(Hailo) ビッグボックスのフタが壊れた時の対処法をご紹介したいと思います。その方法とは

 

 

新しいフタを購入する(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

すみません。痛いです。石を投げないでください。

 

でも、私がかれこれ3年ほど前にフタを壊したときには、フタだけ販売しているところが見つけられなかったのです。ところが、先日、改めて探してみたところフタだけ販売しているお店を発見することができたのです。

 

それが、こちらのお店です。

WEBO online store

https://www.webo-kobe.com/items/interior/hailo/dustbox.html

 

 このページの「Lid of Dustbox」というのが交換用のフタです。

f:id:b204638:20180605221730j:plain
f:id:b204638:20180605221600j:plain
「Lid of Dustbox」

これは新型ハイロのフタなのですが、うれしいことに旧型のハイロ ビッグボックス(40L/60L)でもそのまま利用することができます。

 

さらにこの新型ハイロのフタには、旧型のフタからさまざまな改良が加えられています。

  • 赤いフレームパーツが付属しゴミ袋を本体内側に固定できるようになった。
  • 旧型では外れやすかったフタの重りが、固定・内臓されて外れる心配がなくなった。

 これから購入するのであれば、新型ハイロのフタの方が良さそうな気がします。

 

旧型ハイロのフタの方が良いという方のために、旧型のフタを販売しているお店もご紹介いたします。

 

 

新型ハイロのフタ装着レポート

 ここからは、私が今回、実際に購入した新型ハイロのフタを旧型ハイロに取り付ける模様をご紹介いたします。

 

こちらがこれまで使用してきた、フタが壊れてしまった旧型ハイロです。可燃ゴミ用と資源ゴミ用で色違いの2つを使用してきました。

f:id:b204638:20180526232540j:plain

 

 

こちらが今回購入した新型ハイロのフタです。写真は1点ですが、2点購入しました。

f:id:b204638:20180605223237j:plain

 

 

では、さっそく、新しいフタを取り付けてみます。まずは赤いフレームパーツを装着します。

f:id:b204638:20180605223704j:plain

 

 

あとはフレームパーツの内側にゴミ袋を折り返してフタをします。

f:id:b204638:20180605224150j:plain

新型ハイロでは、ゴミ袋をかけてフレームパーツを付けた後、ゴミ袋を内側折り返すことでゴミ袋の端を見えないようにすることができるようになっており、これまで以上にスタイリッシュな外観になりました。

 

 

こちらがフタを開けたときのようす。フタをふちまで開けるとこのようにフタを開けた状態にもできるようです。

f:id:b204638:20180605224350j:plain

 

 

これが新しいフタを装着したわが家のハイロ ビックボックスです。かれこれ10年ほど使用してきましたが、これならもうあと10年は使えそうです。

f:id:b204638:20180605224530j:plain

 

 

新しいフタに替える前と比較してみます。やはりフタがあってこそのハイロ。フタのないハイロなど、アムロののらないガンダムみたいなものです。

f:id:b204638:20180526232540j:plain
f:id:b204638:20180605224530j:plain



こちらが設置風景です。ゴミ箱収納スペースにピッタリと収納されました。

f:id:b204638:20180605225427j:plain

 

フタが跳ね上がらないハイロは、このような高さの限られているゴミ箱収納スペースなどでも、とても使いやすいゴミ箱です。

 

 

まとめ

というわけで、今回は『ハイロ(Hailo) ビッグボックスのフタが壊れた時の対処法』を紹介しました。

 

ハイロについては前回の記事でもさんざんご紹介したにもかかわらず、もう一度このような記事を書いたのには理由があります。それは、前回の記事にこんなうれしいコメントをいただいたからです。

ビッグボックスの蓋(旧型)、今朝主人が落っことして壊れました。 10年以上愛用しており、蓋だけ買いたかったのでこの記事に救われました! 有難うございます。

 

このコメントを読んで、3年前に自分がハイロのフタだけ購入できないか探したことを思い出したのです。

その時は、残念ながら見つけることができませんでしたが、今回、改めてフタだけ購入できるお店をみつけ購入することができました。そして、このコメントしていただいた方もきっとハイロのフタを購入することができたのだと思うのです。

それならば、もう少しわかりやすいタイトルにして、同じように困っている方に見ていただきやすいようにしようと考え、このような記事にしました。

 

これからも一人でも多くのフタを求めるハイロユーザーのお役に立てればと思います。

 

ハイロ(Hailo) ビッグボックスのフタが壊れた時の対処法の紹介は以上です。最後までお読みいただきありがとうございます。