思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

〈電気シェーバー〉全自動洗浄充電器のくさ~い臭いを消し去る方法〈殺菌〉

f:id:b204638:20180127173721j:plain

 

 突然ですが、あなたは電気シェーバーの臭いが気になったことはありませんか?

忙しい朝に毎日お世話になる電気シェーバーですが、使っているとどうしても独特のイやな臭いがするようになってきてしまいます。

それが嫌で、私は以前から全自動洗浄充電器のある電気シェーバーを使っています。

 

私の電気シェーバーは2012年に購入してから、1度の全自動洗浄充電器の故障と修理を経て、これまでずっと愛用しています。しかし、その故障以外に過去に1度、捨ててしまおうと考えたことがありました。

 

今回は、その時の体験を元に、電気シェーバーの全自動洗浄充電器のくさ~い臭いを消し去る方法をご紹介します。

 

全自動洗浄充電器を使うと臭くなってしまう!

それはある日、ふと気になりはじめました。

「最近、電気シェーバーが臭うな~」

全自動洗浄機能をつかってこまめに洗浄しているのにも関わらず、電気シェーバーの臭いがとれないようになってきたのです。

 

見た目はしっかりと洗浄されているのですが、どうも臭いが取れない。

 

「なにかおかしい!?」と思いながら、ハンドソープや重曹を使って、髭剃り本体をこまめに掃除すると臭いはしなくなります。

ところが、「全自動洗浄機能」を使って洗うとなぜか臭くなるのです。しかも、シェーバー洗浄充電器専用洗浄剤を取り換え、水タンクの水を新しくしても一向に改善されません。これでは本末転倒です!

 

「全自動洗浄充電器」の中に、雑菌が繁殖してしまったのだろうか?

 

そんな風に悲しい気分になりながら、もう1度「全自動洗浄充電器」を修理に出すべきか、それとも新しいものに買い替えようか、しばらく悩みました。しかし、いずれにしても結構な出費です。

そこで、最後にダメもとであることを試してみることにしました。

 

除菌アルコールで全自動洗浄充電器を殺菌してみた!

「全自動洗浄充電器」の中に、雑菌が繁殖してしまったのなら殺菌すればいいかも!

そんな風に単純に考えた私は、市販の除菌アルコールスプレーで除菌してみることにしました。

 

はじめは、全自動洗浄充電器の洗浄皿の内側に付着したヒゲクズをふき取った後に、内部に除菌アルコールをスプレーして乾かしてみました。

しかし、これでは全自動洗浄充電器内部の除菌ができなかったようで、状況は改善しませんでした。

 

そこで、次は全自動洗浄充電器の水タンクに、水の代わりに除菌アルコールを入れてみることにしました。

注意

電気シェーバーの取扱説明書には「水以外入れない」との記載があります。また、長く使用するために「シンナー、ベンジン、アルコールなどでふかないでください。」とも記載されています。

ただ、この時の私は、買い替えも念頭に、「壊れてもしょうがないし、このままならこれ以上使用し続けるのは無理!」という気持ちでした。

 

除菌アルコールを入れて、全自動洗浄を行うと、今まで「全自動洗浄充電器」を使用するたびについていた、あのイヤな臭いが消えていたのです!

 

まとめ

手軽にヒゲを剃ることができる電気シェーバーですが、手入れを怠ると雑菌が発生しとてもくさ~い臭いがするようになってしまいます。

それでも、全自動戦場充電器が付いているモデルなら、それを使用していれば日頃のお手入れは充分に行うことができます。

しかし、もしその全自動洗浄充電器に雑菌が繁殖してしまったら、洗っても洗っても臭いが取れないということに!そんな悲劇に遭遇してしまった際は、よろしければ今回の記事をご参考いただければと思います。

全自動洗浄充電付き電気シェーバーは、値段も高価でおいそれと買い替えできるものではないと思います。それを200円程度で購入できる「除菌アルコール」で改善できるのなら試してみる価値はあると思いますがいかがでしょう?

(ただし、メーカー非推奨の方法なのであくまで自己責任でお願いします)

 

電気シェーバーの全自動洗浄充電器のくさ~い臭いを消し去る方法の紹介は以上です。