思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

今日はプレミアムサーズデー(Premium Thursday)月中木曜、何しよう?

f:id:b204638:20170511084938j:plain

 

今日はプレミアムサーズデー!

突然ですが、今日はプレミアムサーズデーにすることにしました。

もちろん私の会社に「プレミアムサーズデー」という制度はありません。(そして「プレミアムフライデー」という制度もありません。)

ですから会社には「体調不良で」と伝えておきました。

実際、今朝はちょっとしたトラブルで早く起きてしまい、体調が思わしくなかったので、まったくのウソでたらめではないのです。

それに、少し、こころが風邪気味だったのかもしれません。

でも、その風邪も、会社に「体調不良で」と電話してすぐに快方に向かいました。

このまま無理をして悪化するよりは、きっとこれでいいんです!(偶には)

 

という訳で、今日はプレミアムサーズデーを満喫することにしようと思います。

 

表題の画像ですが、画像サイトで「プレミアム」と検索したらビールの画像ばかり出てきたので貼ってみました。(プレミアムモルツの影響なのでしょうか?)しかし、私はビールを含めアルコールは付き合い程度にしか嗜まないです。

 

ところでプレミアムフライデーですが・・・

今まで自分にはあまり関係ないので、特に注目したり調べたりしませんでしたが「プレミアムフライデー」ってどうなんでしょう?

Googleで「プレミアムフライデー」を検索すると一番上にプレミアムフライデーの特集サイトが表示されました。

premium-friday.com

今回の記事タイトルはここから引用させていただきました。

 

その少し下には経済産業省のニュースリリースのページがありました。

プレミアムフライデーの実施方針・ロゴマークが決定しました(METI/経済産業省)

実は、今、この瞬間まで「プレミアムフライデー」にロゴがあることすら知りませんでした。

やはり興味がないと、情報は受信できないものだと改めて思いました。

そのくせ、環境省の「COOL CHOICE」の萌えキャラ(イマとミライ)は知ってたりするんです。

ondankataisaku.env.go.jp

 

こんな記事もありました。2017年5月10日の東洋経済ONLINEの記事です。

toyokeizai.net

私の会社も完全週休二日制ではなく奇数週の隔週土曜日出勤です。賃金は、、、まあ、いただけるだけありがたいです。

それでも「賃金格差」に加え「休日格差」も広がると、ますます時給で差がついてしまいます。

時給については、以前、こんな記事も書いています。

www.thoughts-make-things.com 

 

ジャストシステムがGW前に発表した「プレミアムフライデーに関する調査結果」では

約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」

約6割が、「月末の設定はやめた方がいい」

という結果も発表されていました。

marketing-rc.com

やはり、制度として一斉に実施するには、まだまだいろんな問題があるようです。

そもそも「プレミアムフライデー」のために残業するなんて本末転倒ですよね。

 

企業によっては「プレミアムフライデー」ではなく「プレミアムマンデー」にするところもあるようです。

www.nikkei.com

私も日経新聞の記事にある大和ハウスさんとは別のハウスメーカーの方に「プレミアムマンデー」を導入するとお聞きしましたが、よくよく伺うと「プレミアムマンデー」というかただの定時帰りでした。

住宅メーカーがいかに残業が普遍化しているかと改めて知りました。

また、飲食店や販売店にとっては、月末の金曜日こそ「書き入れ時」。「プレミアムフライデー」にしても「販促ネタ」としての意味合いのが大きく、休日を増やす効果は見込めません。

結局「プレミアムフライデー」は一部の大手企業しか導入できない制度なのだと思います。

 

「プレミアムフライデー」を推進するのであれば「残業の抑制」や「休みを取りやすい職場環境」の整備を進めていかないと、一般的な定着は難しいと思います。

だからこそ、お勧めします!「自分だけのプレミアム〇〇デー」

結局、そもそも一斉に実施することに無理がある「プレミアムフライデー」。

であれば個人やチーム・組織の裁量で取れるようにすれば、もっと利用しやすいと思うのです。

仕事がスムーズに進んでるから、私は明日はプレミアムウェンズデー

大きなプレゼンも終わったし、営業2課は今日の午後はプレミアムザーズデー

みたいな感じ。

そうすれば、少なくとも「プレミアムフライデー」のために残業するなんてことはなくなるはずです。

そうして、より導入しやすい制度になれば、もう少しいろんな企業に普及して一般化していくと思うのですがいかがでしょう?(もちろんそれでもすぐに難しい企業もたくさんあると思います)

 


と、こんな感じで1時間もかけて記事を書きながら、自分のずる休みを正当化してみました。

さて、月中木曜、何しよう?