思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

「今夜月を見に行こう」〈2018年1月31日は皆既月食〉

f:id:b204638:20180129213045j:plain

 

 それは今から2週間以上前のことです。子どもが突然いいました。

「1月31日に一緒に月を見ようよ!」

どうやら小学校の校外学習で訪れたプラネタリウムで、1月31日に皆既月食が見られることを知ったようです。

 

今日は、日本では2年10ヶ月ぶりに観察することができる皆既月食について調べてみようと思います。

 

南東の空に注目!赤銅色に染まる月を見よう!

今回、2018年1月31日に見ることのできる皆既月食は、日本全国で部分食の始めから終わりまでを見ることができ、しかも夜遅すぎない時刻に起こるため比較的見やすいという、とても見やすい皆既月食が起こるそうです。

 

20時48分頃から月が欠け始める「部分食」が始まり、21時51分頃には月が完全に欠けて「皆既食」が始まります。

22時29分頃には皆既食が最大になり、月が赤黒い「赤道色」に見えるそうです。

今回の皆既食は1時間17分ほど続き、23時08分頃には皆既食が終わり、真夜中すぎの0時12分頃に部分食が終わり丸い月に戻るそうです。

前回、2015年4月4日に起きた皆既月食の継続時間はわずか12分だったそうです。今回は、その時よりもゆっくりと幻想的な赤道色の月を見ることができそうです。

 

〈2018年1月31日の皆既日食の予定〉

20時48分頃 「部分食」の始まり
21時51分頃 「皆既食」の始まり
22時29分頃 「皆既食」が最大に
23時08分頃 「皆既食」の終わり
 0時12分頃 「部分食」の終わり

 

1月31日の気になる天気は?

日本気象協会のホームページ「tenki.jp」によると、残念ながら1月31日は日本全国どこでも観察日和とはいかないようです。

【北海道・東北】

日本海側は寒気の影響で、所々で雪が降るでしょう。太平洋側は晴れ間がでて、観察できる所もありそうです。夜は厳しい冷え込みとなりますので、観察の際はしっかりと寒さ対策をなさってください。

【関東甲信・東海、近畿】

雲が広がりやすいでしょう。ただ、雲の切れ間もあり、観測のチャンスはあり!万全な寒さ対策をして、夜空を見上げてみてくださいね。

【北陸〜中国、四国、九州、沖縄】

雲に覆われ、西から雨雲や雪雲がかかるでしょう。今のところ、観察にはあいにくの天気となりそうです。ただ、低気圧の進路や速度によっては予想が変わり、見えるエリアが広がる可能性がありますので、最新の予想をチェックしてください。

(日本気象協会のホームページ「tenki.jp」より)

 

どうやら関東甲信・東海、近畿以外の地域では雪模様のようです。寒くてとても月の観察どころではないかもしれません。

 

www.tenki.jp

 

 外で観察できない時はWEBでリアルタイム観察はいかが?

「天気が悪くて外で観察できない!」

「寒くてとても長い時間、外になんていられないよ!」。 

 そんな時は、インターネットで皆既日食を観察するのはいかがでしょう。

 

ブラザーは名古屋市科学館 プラネタリウムの制作協力のもと、今回の皆既日食をリアルタイムで観察できる特別コンテンツを開設されています。これなら風邪を引くことなくゆっくり皆既月食を楽しめそうです。

 

www.brotherearth.com

 

 「今夜月を見に行こう」

この記事を書いているのはまだ1月29日。予約投稿で記事を投稿したのは1月30日です。

それなのにタイトルを「今夜月を見に行こう」としたのは、supercellの「君の知らない物語」にあやかってこのタイトルにしました。

 

「君の知らない物語」は、星を見に行く女の子の心模様を綴った歌詞が素敵な曲ですが、この曲を挿入歌・主題歌にしたアニメ「化物語」12話のデートのシーンもとても印象的でした。

アニメでは「君の知らない物語」が絶妙なタイミングで挿入されるのですが、この曲の歌詞ともリンクして引き込まれてしまった記憶があります。

 

君の知らない物語

君の知らない物語

  • supercell
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

その「化物語」で「かいき」といえば・・・。

今回の皆既月食とはまったく関係ありませんが「化物語」でおなじみのあの方の名言でしめたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

『知りたいか、教えてやる。金を払え。』(貝木泥舟)

f:id:b204638:20180129232209j:plain

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト