読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

〈もう若くない〉アクアボールで手首と腰を痛めた話_| ̄|◯

f:id:b204638:20170505015739j:plain

 

 GWに、アクアボールとトランポリンをやって腰を痛めた話。

 

GWだ!科学館に行こう!

5月4日(木)快晴。

先日、子どもにGWにどこに行きたいかたずねた際「科学館に行きたい!」とのことだったので、朝から科学館に出かけました。

GWのためプラネタリウムはかなり混み合うのは予想していましたが「常設展示室だけなら」と高をくくっていました。

ところが、常設展展示室の観覧券を販売する臨時券売所にも長蛇の列ができていました。(科学館人気おそるべし!*1

  

正直、科学館の人気を侮っていました_| ̄|◯

 

これだと観覧券を買うだけでも30分以上は並ばなければならない上、中もものすごい混雑が予想されます。

正直、科学館はいつでも来ることができるので、子どもと相談し、どこか別のところへ行くことにしました。

 

1日遊び放題、ボールプールに巨大ふわふわ!

ということで、近くの商業施設のイベントスペースに行ってみることに。

GWなので「何かやっているかも!?」という期待通り、子どもが楽しめそうな催しを開催していました。

今年も1日遊び放題(こども1300円 おとな500円)
ボールプールに巨大ふわふわ…
どれだけ遊んでもOK!出入り自由です
時間/10:00~17:00

子どもにたずねると「やりたい!」との返事。

時刻は10:30。

せっかくここまで来たことだし、時間的にもまだ十分遊べるし「まあ、いいか」ということで入場することにしました。

 

こういう催しだと、大人は付き添いで、子どもが楽しむ姿を見守るだけ、ということが多いのですが、今回は違いました。

「トランポリン」と「アクアボール」は大人も体験できるとのこと!

という訳で、子どもと一緒にやってみることにしました。

 

 アクアボールとは!?

ところでみなさん、アクアボールってご存知ですか?

「アクアボール」「水上バルーン」「ウォーターバルーン」など様々な名称がありますが、元は1997年にイタリアのモンツァにあるビズイット社のチャールズ・ジョーンズが開発した「ウォーターボール」という水上アクティビティのようです。

ウォーターボール」は直径約2.5mで、日本国内では、NWWA日本ウォーターウォーク協会がライセンスとPRに関しての契約をビズイット社と結んでいるとのこと。

一方、直径2mくらいのものは、商標を用いての製造および販売は認めらていないそうです。

何となく、権利関係が怪しい感じですが、「アクアボール」は、直径約2.0mのビニール製のボールの中に入って水上に浮かび歩くことができるんです。

 

今回の催しの中でも「アクアボール」は大人気で、入場した際には午前の分の整理券は配布終了しており、午後の分は13時から配布予定とのこと。

今日は、他の遊具を楽しみながら、時間を見計らって2人分の午後の整理券を手に入れることができました。

 

初体験!アクアボールで水上散歩!?

実は「アクアボール」、子どもは以前の催しの際に体験したことがあり、今回が2回目。その時は、子どものやる姿を「水の上を歩くのって、楽ししそうだな~」とのんびり眺めていました。

私も、子どもたちのように歩いたり、走ったりできると思っていたんです。この時は。

 

そして、とうとう私の番がきました。

ブロアで風を送られ膨らむアクアボールの中に入って座り、スタッフの方が入口を閉じるのを待つ私に、先にはじめた子どもが「競争しよう!」と呼びかけます。

(競争も何も、こんなイベント用のせまいプールなんだからすぐにぶつかっちゃうから)

そうこうするうちに準備完了。心の中で「アムロ行きま~す!*2」と叫びながら、ゆっくり水に転がります。

 

そして「ガンダム大地に立つ」のような感じで立ち上がり歩こうとしますが、すぐ転ぶ私。私の中のアムロ・レイが焦り始めます。

 

が、

 さあ、水の上を歩くぞ!

 そう意気込んで、立ち上がっても、すぐ転んでしまいます。

立ち上がるだけなら何とか立てるのですが、歩けません。

走るなんて無理ゲーです。

 

結局、「アクアボール」の中で不器用なハムスターのようにのたうち回るのが精いっぱいでした_| ̄|◯

こうして、私の「アクアボール」初体験は終わった。

 


 そして今、手首と腰を痛めた私は、こうしてこの記事を書いています。

「アクアボール」を体験したのは、5分程度の短い時間でしたが、普段あまり使わない筋肉を使ったようで、とても疲れました。(久しぶりのトランポリンも追い打ちを掛けたようです)

そして、自分がもう若くないことを改めて実感しました。

 

でも、「アクアボール」とても楽しかった!

 

今では「ウォーターボール」「アクアボール」はいろいろなところで体験できるようです。まだやった事ない方は、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょう?

 

 

 

*1:観覧券について この記事を書いている途中にホームページを見ると「プラネタリウム以外の展示室のみの観覧券はコンビニ等でも販売しておりますので、事前にお買い求めの上ご来館していただきますと、券売所で並ぶことなくそのまま入館することができます。」とのことだった。次回はあらかじめ観覧券を買っていくことにしよう。

*2:アムロ行きま~す! 有名なセリフですが、実は作中1回、第21話の「激闘は憎しみ深く」でしか言っていないそうです。