読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

オーブンでブリの塩焼き/ねぎまを焼いてみました

f:id:b204638:20170409221428j:plain

 

以前、豚のかたまり肉をドーンと焼く!(肩ロース・モモ・バラ):メモ - にーちの趣味ぶろという記事を読んでからというもの、何でもとりあえずオーブンで焼けないかな?と試みるようになった私。

今日は「ブリの塩焼き」と「ねぎま」をオーブンで焼いてみました。

オーブンで「ブリの塩焼き」を焼いてみました

とても美味しそうなブリが売っていたので「ブリの塩焼き」に挑戦。「照り焼き」とどちらにしようか迷いましたが、肉厚で鮮度も良さそうだったので今回は塩焼きにしてみました。

今回の食材 

ブリの切り身 2切れ

塩 少々、酒 少々

下ごしらえ

ブリの切り身の両面に塩を振って、さらにお酒を振って下ごしらえ。15分ほどおいた後、オーブン皿にアルミホイルをしいて、ブリの切り身を並べます。

f:id:b204638:20170409222445j:plain

 オーブンで調理

今回は200℃で余熱した後、200℃で10分焼いてみました。焼き上がりはこんな感じです。

f:id:b204638:20170409223540j:plain

完成!

今回は片側だけで焼き上げましたが、焼き時間7分くらいで1度ひっくり返しても良かったかなと思いました。

f:id:b204638:20170409223710j:plain

ブリの塩焼きや照り焼きは、魚焼きグリルを洗うのがめんどくさくてフライパンで焼いたりもしていました。フライパンの場合は油を引かなければならなかったのですが、オーブンであればその必要もなく、魚焼きグリルに比べてふんわりした焼き上がりでした。

おいしくないと箸の進まないうちの息子がペロッと食べたので、上手くできたと思います。

 

オーブンで「ねぎま」を焼いてみました

続いて「ねぎま」です。こちらも普段は魚焼きグリルで焼いていました。

オーブンでの焼き上がりはどうなるでしょう?

今回の食材

今回は普通にスーパーで売っていた豚バラ肉の「ねぎま」です。

竹串の根元の方はアルミホイルで軽く覆いました。

f:id:b204638:20170409224513j:plain

オーブンで調理

今回は250℃で余熱した後、250℃で20分焼いてみました。

完成!

f:id:b204638:20170409225328j:plain

予想以上に脂が出ました。オーブンで焼く場合はオーブン用の網を用意した方がよさそうです。

ただ「ねぎま大好き」のうちの息子には、こちらも好評でした。

 

私にとって「オーブンで焼く」調理法は、ちゃんと下ごしらえしてセットさえすれば、まず失敗することがないのでとても重宝しています。

(材料のセレクトで失敗することもありましたが)

他のことを行って忘れていてもちゃんと調理が終わっているのもとてもありがたいです。

 

今度はまたちがうもので試してみたいと思います。(ピーマンの肉詰めとか良さそうな気がします)

 

2017/4/20追記

こちらの記事でnych (id:nych87)さんに言及いただきました。ありがとうございます。

やはり「オーブン用の網」がああると「ねぎま」の焼き上がりがまったくちがいますね。(本当にびっくりするほど脂がでるんです)