思考は現実化する

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考は現実化する

自分の潜在意識を書き換えるために、自分が学んだ事を整理しまとめています。

スラムダンクな日曜日とポジティブ・リアクション

f:id:b204638:20170212234843j:plain

記事にこんなタイトルをつけたけれど、日曜日にバスケットボールの試合があったわけではありません。

そもそも、私は筋金入りの運動音痴なのでスラムダンクを決めるなんて、夢のまた夢です。

今日は、朝からのんびり過ごしてしまった日曜日に見て読み返してしまった「スラムダンク」のお話です。

スラムダンクな日曜日

スラムダンク」については、知らない人はまずあまりいないと思いますが、おさらいです。

SLAM DUNK』(スラムダンク)は、井上雄彦による高校バスケットボールを題材にした少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。通称『スラダン』(Wikipediaより)

 Wikipediaを改めて見てはじめて、スラムダンクの通称がスラダンだと知りました。

今まで、私の周りにスラダンと略して呼んでいる人はいなかったので。

(おまえ、友達いないじゃん、というツッコミはこの際なしで)

 

このスラムダンク、現在、AbemaTVで放送していて、最近は、家事のついでに流し見してたりするのですが、今朝は、ちょうど湘北と海南の試合の真っ最中でした。

海南のシューター・神が3ポイントシュートを次々と決めて、点差が広がっていき、安西先生タイムアウトを取るところで、放送が終わるんです。

 

スラムダンクの中では、私はこの海南戦が山王戦とならび好きな試合です。

その後のストーリーを含めれば1番好きなエピソードかもしれません。

という訳で、どうしても続きが見たくなり、家事そっちのけでマンガで続きを読むことに。

「昨日の試合は、きっと一生忘れられないよ。…だって、初めてダンクを決めた試合だもの」

海南戦の最後から、桜木が落ち込み立ち直るまでのエピソードは、これまで何度も何度も見て、そして、その度に、涙があふれていました。

そして、今回も、やっぱり泣けました。

試合終了間際、起死回生のリバウンドを取って望みをつないだ次の瞬間に、痛恨のパスミスをしてしまう桜木。

マネージャー彩子さんの目に涙が浮かぶ。

桜木にいち早く近づき、その肩を取って「泣くな」という赤城キャプテン。

いつもは容赦のない三井・宮城・流川も、桜木と「野猿」「赤毛猿」と罵りあい、いつもなら真っ先に勝ち誇りそうな海南の清田も、その心情を察して無言。

いつも、大口をたたいてばかりの桜木の止まらない涙。

思い出すだけで、胸が熱くなります。

 

次の日、学校をサボった桜木を見つけ、声を掛ける晴子さん。

「昨日の試合は、きっと一生忘れられないよ。…だって、初めてダンクを決めた試合だもの」

 

夜の部室で試合に負けた原因について

「オレのせいだ」

「いや、オレのせいだ」

といつものように殴り合う桜木と流川。

 

翌日、ボーズ頭になって、コートの床を磨く桜木。それを見て大笑いする三井と宮城。

 

この一連のエピソードは、何度読んでも、こころが熱くなります。

その中でも、今回は晴子さんのセリフについて、改めて考えてみます。

幸せの習慣〈ポジティブ・リアクション〉

ドクターモルツのサイコ・サイバネティクスの入門書「自分を不幸にしない13の習慣」の中に「ポジティブ・リアクション」という考え方が紹介されています。

 

自分の身に起こる様々な「出来事」と、それに対してどのように感じ、対応するかという「反応」の間には、自分の脳が「出来事」を「解釈」するというプロセスがある、というものです。

 

先程のスラムダンクの場合、桜木の中では海南戦は、

「自分のパスミスのせいで負けてしまった試合」

という「解釈」の結果、

”自分のせいで負けてしまった”

”チームの足を引っ張ってしまった”

という考えに囚われて、動けなくなってしまいました。

 

そこに晴子さんが、海南戦は

「初めてダンクを決めた試合」

という別の”ポジティブ”な「解釈」を与えてくれました。

その事で、桜木は1歩前へ進むことができました。

 

さらに、その後、流川と会い、お互いが

「自分のせいで負けた」

という主張を譲らないといういつもの意地の張り合いを経て

「自分のせいで負けた」という考えを、落ち込む理由から、もっと上手くなるためのモチベーションに切り替える

ことで、完全に乗り越えるのです。

 

この、「出来事」への「解釈」を変えることで、出来事への「反応」をポジティブにしていくことを「ポジティブ・リアクション」といいます。

海南戦を「自分のせいで負けた試合」と「解釈」して落ち込む桜木。

海南戦に「初めてダンクを決めた試合」という「解釈」があることに気づかせてくれた晴子さん。

海南戦を自分と同じように「自分のせいで負けた試合」と「解釈」し練習する流川。

その流川と意地を張りあう中で「自分のせいで負けた試合」を自分の課題として「解釈」しもっとうまくなろうと心機一転する桜木。

 

同じように、私たちの身に起こる様々なことも、それを自分がどのように「解釈」し「反応」するかを選ぶことができます。

すでに起きてしまった「出来事」は変えようはありません。しかし、その「解釈」を変えることは可能です。

「出来事」⇒「解釈」⇒「反応」というプロセスがあることを意識する

そして、それが意識できれば

反応(リアクション)をポジティブに変えることができる

大切なのは、

その反応は自分で選んでいる

のだと意識することです。

 

すぐ忘れてしまう、私のための忘備録として。

今日はこの記事を読んで、私もスラムダンクを読んだので書いてみようと思いました。

本当は、スラムダンクを読んでダラダラしてしまった話を書くつもりで、こういう内容になるとは思いもよりませんでした。

本当です。